WEB予約ボタン

ブログ

Blog

ブログ|調布駅徒歩2分の内科・消化器内科 – 調布消化器内科・内視鏡クリニック

本の紹介⑥

今回の本は「つみきのいえ」(絵・加藤久仁生/文・平田研也/白泉社)です。 米国アカデミー賞(短編アニメーション部門)を受賞した「つみきのいえ」を絵本として書き下ろされた作品です。 ほとんどが水没してしまった土地で暮らすお…

胃がんとピロリ菌

胃がんの発生にはピロリ菌が関係しています。 1994年にWHO(世界保健機構)はピロリ菌を“確実な発がん因子”と認定しました。ピロリ菌の感染が長期間に渡って持続すると慢性的に胃炎を引き起こし、その結果、“萎縮”が進行し、…

本の紹介⑤

今回、ご紹介する本は「うんちしたのはだれよ」(ヴェルナー・ホルツヴァルト文/ヴォルフ・エールブルッフ絵/関口裕昭訳/偕成社)という絵本です。 地上に顔を出したもぐら君に、うんちが落ちて来るところから始まります。誰が自分に…

大腸がん④

早期大腸がんの方です。60歳代の方で、健康診断で便潜血陽性を指摘されたのをきっかけに当院を受診されました。大腸内視鏡検査は受けたことがなく、検査を受けることを不安を感じていらっしゃいました。検査そのものは10分程度で苦痛…

医療連携

当院は開業して2年が経過しました。この2年間で合計5041件(上部消化管内視鏡検査3062件、大腸内視鏡検査1979件)の内視鏡検査を行わせて頂きました。内視鏡以外にも日常診療の中で当院で様々な疾患を診断してきました。こ…

開院2周年

2月1日に当院は開院2周年を迎えました。これもひとえに地域の方々、近隣医療機関の皆さま、スタッフに支えて頂いたおかげだと思っています。この場を借りて感謝を申し上げます。また、患者様に質の高い内視鏡検査、診療を提供すること…

本の紹介④

今回の本は「パンダ銭湯」(tupera tupera著 絵本館)です。 パンダだけが入れるパンダ銭湯。そこにはパンダしか知らない秘密があります。読み進めていくうちに、えっ!と驚く衝撃がありました。パンダ好きには是非お勧め…

神経内分泌腫瘍(NET)

神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine tumor/NET)は、以前はカルチノイドとも呼ばれていた腫瘍です。消化管では直腸に多く見られます。粘膜内に発生する腫瘍ですが、粘膜下層に発育する傾向にあります。がんに比べ、…

本の紹介③

今回のおすすめする本は「メメンとモリ」(ヨシタケシンスケ著 株式会社KADOKAWA)です。 ヨシタケさんの長編の絵本です。メメンという女の子とその弟のモリのお話です。3つのお話で構成されています。 “人は何のために生き…

早期胃がん①

今回ご紹介するのは胃がんのケースです。胃がんの原因の多くはヘリコバクターピロリ菌の感染といわれています。日本では胃がんの罹患率は多く、がんの部位別の統計では2番目に多いがんです。 40歳代の方です。胃痛のため、当院を受診…

1 2